請願・陳情とは

請願・陳情は、皆さんの意見・要望を市政に反映させる重要な制度です。

この制度により、どなたでも、市議会に直接要望することができます。

※年齢・国籍・住所の制限はありません。

請願と陳情の違い

  • 請願…出雲市議会議員が1名以上紹介議員となることが必要です。
  • 陳情…紹介議員は必要ありません。

※国等へ意見書を提出して欲しい場合は、紹介議員の必要な請願のみ受け付けることとしています。

請願・陳情の取り扱い

受け付けた請願・陳情は、定例会に付議し、所管の委員会で審査した後に、本会議で結論を出します。

  • 採択…内容に賛成できる場合
  • 不採択…内容に賛成できない場合
  • 趣旨採択…趣旨・目的には賛成できるが、実現性の面で確信が持てない場合

結果の報告

採択した請願・陳情は、市長や教育委員会などの執行機関に送り、請願・陳情の内容が実現されるよう働きかけ、その結果について報告を受けています。

国等へ意見書を提出することを求める請願を採択した場合は、市議会で意見書をとりまとめて、本会議で議決した後、関係機関へ意見書を提出します。

※意見書の提出を求める請願を「趣旨採択」とした場合は、意見書を提出しない取扱としています。

また、請願・陳情された代表の方へは、定例会終了後に、本会議での審議結果についてお知らせしています。

※提出された請願書・陳情書の内容、提出者(2人以上の場合は代表者)の氏名(名称)と住所(所在地)は、公表されますので、あらかじめご了承ください。

 

提出方法

請願書・陳情書の書き方

請願書・陳情書は、必ず日本語を用い、文書で作成してください。

定型の書式は特に定めていませんが、以下の項目が記載されている必要があります。

  • 内容を表す件名
  • 要旨
  • 内容
  • 提出年月日
  • 代表の方の住所、氏名、押印、電話番号(法人の場合は、所在地、名称、代表者の氏名、押印、連絡先電話番号)
  • その他の方の住所および氏名、押印(法人の場合は、所在地、名称、代表者の氏名、押印)
  • 紹介議員の署名または記名押印(請願の場合のみ)

請願書・陳情書(書式例)

※用紙はA4版を使用してください。ただし、図面等はこの大きさ以外の大きさでも構いません。

※意見書の提出を求める請願については、必ず意見書の案文を添付してください。

※内容が多岐にわたり項目が多い場合は、事前に議会事務局にご相談されることをお薦めします。

提出先・提出締切

請願書・陳情書は、議会事務局議事係(0853-21-6579)に直接ご提出ください

定例会で審議するためには、提出の締切がありますので、お早めに議会事務局にご相談ください。

※締切は、おおむね定例会の1週間前です。具体的な締切日は議会カレンダーからご確認ください。
締切を過ぎて提出されたものは、その次の定例会で審議することになります。