出雲市議会は、本日から6月28日までの22日間、6月定例会を開催します。

 今定例会においては、子育て世帯に対する生活支援特別給付金事業などのコロナ対策経費のほか、老朽化が著しい行政センター等の整備に係る経費、高齢者のICT機器の利用促進を図るための経費などの補正予算が計上されました。

 本日の本会議では、子育て世帯生活支援特別給付金の迅速な支給を図るため、一般会計第2回補正予算を可決しました。

 その他の補正予算等についても、各事業がより効果的かつ適正に実施されるよう、今議会の中で慎重に審議してまいります。

 新型コロナウイルス感染症の状況は、出雲市においても徐々に落ち着いてきて おり、明るい兆しが見えてきたように感じます。また、国や県においても感染防止 対策が緩和され、出雲大社をはじめとする市内の観光地では賑わいが戻りつつあるように感じています。

 今後実施される地域経済対策によって、より多くの観光客が訪れ、まちが活性化し、早期に地域経済が回復することを期待しているところです。

 皆さまにも基本的な感染予防対策を徹底していただきながら、食事や旅行などをお楽しみいただき、経済の立て直しにご協力いただければと思います。

 市議会といたしましても、引き続き、市民の皆さまの声をしっかりと市に届け、 地域経済の回復と皆さまの安全・安心のために取り組んでまいりますので、ご理解 ご協力をよろしくお願いいたします。

令和4年6月7日

出雲市議会 議長  萬代 輝正
副議長 伊藤 繁満

議長メッセージ(R4.6.7)